2013年度の買取価格改定で38円/kWになりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

Twitterでつぶやいています

Twitterアカウント hit230 でサイトコンテンツの更新情報や過去にアップした記事をつぶやいています。

太陽光発電の売電単価が高かったので、引き下がると噂されていましたが、予測の範囲内に収まりそうです
以下は、時事ドットコムからの記事です。
太陽光買い取り、38円に下げ=来年度、家庭は負担増-経産委
 再生可能エネルギーで発電した電気の買い取りを電力会社に義務付ける制度で、経済産業省の「調達価格等算定委員会」(委員長・植田和弘京大大学院教授)は11日、出力10キロワット未満の住宅用太陽光発電について、2013年度の買い取り価格を今年度の1キロワット時42円から引き下げ、38円とする意見書をまとめた。
 メガソーラー(大規模太陽光発電所)など出力10キロワット以上の事業者用も42円から37.8円に引き下げる。風力や地熱などその他の再生エネルギーは価格を据え置く。経産省は意見公募を経て、今月下旬に正式決定する。
 電力会社は買い取り費用を電気料金に上乗せして回収する。買い取り単価は下がるが、太陽光発電の導入量が増えており、電気料金は上昇することになる。標準家庭の平均負担額は今年度の月額87円から120円となる見通し。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。