HG8045Qで簡易NASに挑戦!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでつぶやいています

Twitterアカウント hit230 でサイトコンテンツの更新情報や過去にアップした記事をつぶやいています。

NURO光で配布されるONU(HG8045Q)では、USBポートが1つ実装されているので、簡易NASを構築してみました。
簡易NASとはUSBポート付Wi-Fiルーターに外付けハードディスクをつなげることによって、Wi-Fiに接続すると、どんな機器からでも外付けハードディスクのデータを見ることができる環境のことです。
メリットとしては、
1. 家族で撮影して保存している写真や動画を集約して、管理やバックアップすることができる。
2. 外部クラウドサイトに画像を保存しないので、プライバシーの漏えいを防ぐことができる。
まずは、USB付ハードディスクの調達です。3TBと2TBの価格差は2000円ですが、3TBも容量はなくてもいいかな?とおもったのもあり、今回はIO Data社製の3TBを選びました。

I-O DATA USB 3.0/2.0接続【家電対応】外付ハードディスク 3.0TB HDC-LA3.0



簡易NASは、NTFSフォーマットでは動作しないので、FAT32フォーマットで行います。
ディスクフォーマットのソフトがIO Dataのweb siteにあるので、それをダウンロードして、解凍して使います。
I-O DATA ハードディスクフォーマッタ
FAT32フォーマットの最大容量は2TBのようで、1TB余っています。いろいろGoogleで検索するも2TBであきらめた記事、Linuxを使ってフォーマットしたとか記事があります。
私は2TBも容量があるので、とりあえずこのままにして、あきらめてしまいました。
その次は、パソコンのIPアドレス固定の設定です。
このサイトを参考にして、IPアドレス固定を設定しました。
Windows 7 IPアドレス固定方法
プライベートネットワーク内(つまり、宅内)で、共通ハードディスクのようにアクセスする場合はポート開放は不要なので、samba設定などは不要です。
逆に、本格的なNASやネットワークカメラを設置する場合は、samba設定が必要となります。
今度はアクセス権限の設定です。ONUにログインして、「ネットワークアプリ」から左タブの「ホーム共有」で設定します。
NASに置いておくものは、動画と写真が主で、不用意な操作で映像・画像が削除されないように、読込権限と読書権限、アクセス範囲を使い分けます。
たとえば、子供が使うタブレットには読込権限のみを与えて誤操作による削除を防止したり、自分だけアクセスできるフォルダーにしたり、色々できそうです。
HG8045Qホーム共有.png
スマホ・タブレットからのアクセス方法ですが、我が家のスマホ・タブレットはAndroidです。
ESファイルエクスプローラーを使うと簡単に使えるようなので、Google playからESファイルエクスプローラーを探してアプリをダウンロードします。
設定は、こちらのサイト(7NASに接続するスマートフォン、タブレットの使い方)を参考にします。
今までは、動画とかをbluetoothで、スマホ同士で転送していたりしていたものが、簡易NASサーバーにデータを置くことで、スマホ・タブレットに大容量のSDカードが必要としない利点と、簡単に共有化できることのメリットが大きいと感じています。
今のところは、家の中だけで公開していますが、屋外からでもアクセスできると、たとえば出先で動画を見せることもできるようなので、今後、検討していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ケンシロウ より:

    当方もHG8045QでNASを使用したいと検討中にたどり着きましたが、初歩的な質問で失礼します。ONUへHDDを接続した後、HDDの中のデータへアクセスするためのアドレスが分からず、NUROテクニカルサポートにも問い合わせしたものの、サポート対象外と言われてしまいました。
    ブラウザから指定するHDDへの入り口のIPアドレスの設定箇所があれば項目を教えていただけますでしょうか。(アドレスが固定の場合、接続アドレスとその指定方法)
    ※ホーム共有のアカウント設定にて接続したHDDが「/usb-xxxx-xxxxxx_1/」として、認識はされているようで、以下をブラウザやエクスプローラ画面で試してみましたが、ダメでした。
     「http://192.168.1.1/」→ONUログイン画面になる
     「http://192.168.1.1/usb-xxxx-xxxxxx_1/」→The requested URL was not found on this serverエラー
     「http://usb-xxxx-xxxxxx_1/」→このページを表示できません

    • ケンシロウ より:

      本件、自己解決しました。エクスプローラ画面で以下で行けました!
      自分と同じ悩みの方に参考になれば幸いです。(いないかも?)
      \\192.168.1.1\usb-xxxx-xxxxxx_1

      また、ゴロすけさんおっしゃる通り、NTFS(2TB)のまま接続できました。
      現時点でNTFS対応は「HG8045Q」機種のみですかね。3TB以上でも認識されるといいですね。
      色々参考にさせていただきました。ありがとうございました!

  2. ゴロすけ より:

    HG8045QでNASを使用したいと検討中にたどり着きました。
    当方では2TBのHDDのNTFSフォーマットのまま接続したところ、そのまま動作してしまったので、現在もNTFSのまま運用中です。
    FWによって、NTFSで動作するものもあるんでしょうかね。
    HDDを増設、あるいは変更される場合にはご参考にしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。