楽天カードのショッピング枠を減枠したい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでつぶやいています

Twitterアカウント hit230 でサイトコンテンツの更新情報や過去にアップした記事をつぶやいています。

クレジットカードのショッピング枠の増枠方法は、カード会社のデスクに電話して、本人確認をしたのちに、増枠が可能か審査して決定、また
はカード会社のサイトにログインして、増枠希望の申請をしたのちに、カード会社で審査して決定が、一般的だと思います。
今日は、ショッピング枠の増枠の方法ではなくて、減枠について備忘録として、残しておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ減枠したいか

  • 楽天カードは、メイン、サブと分類すると、私にとってはサブカードです。メインカードと比べると、サブカードは目的が限定されている
    ので使用する機会が少ないため、楽天カードのショッピング枠、100万円は大きすぎます。
  • 不正に使用された場合の被害を小さくするためにも、使用頻度の少ないクレジットカードのショッピング枠はできる限り、必要最低限にしたい
    と考えます。
  • 大きなショッピング枠をもつと、いくらでも買えるという心理が働いてしまい、消費ではなく浪費につながる恐れがあることから、ある程度枠を小
    さくして無駄遣いを防ぐ目的も兼ねています。
  • クレジットカードを作りすぎていたり、様々なカードで利用額いっぱいまで使用していたりすると、新規のクレジットカードの審査に敢え無く不合格することがあります。難しい言葉でいうと、総与信枠と言ったりします。この総与信枠が逼迫していると、新規のカードのショッピング枠が小さかったり、審査に落ちてしまったということがあります。

減枠のメリット

  • 総与信枠に余裕がないと、新規にクレジットカードを作っても審査で落とされたり、ローンが組めなかったりします。
  • 使いすぎ、不正使用などがあった時のリスクを軽減することができます。枠が小さければ、浪費することもないですし、不正使用があっても、
    被害金額は限定的です。

減枠のデメリット

  • 何らかの理由で増枠が必要となった場合は改めて申請して審査を受けることになります。審査の結果、増枠ができない可能性があります。
  • 一時的に増枠したい場合は、一時増枠をうまく利用する
    結婚式や出産、引っ越しなどで、一時的にクレジット枠を増枠したい場合があると思います。そのときは一時増枠をうまく利用す ることをお勧めします。どのクレジットカード会社でも、一次増枠の制度はあると思いますので、カードデスクに審査を依頼してみましょう。一次増枠も立派な審査の対象ですので、審査の結果は受け付けられない可能でもありますので、日ごろから支払実績を積み立て ることを心掛けたいですね。

楽天カードの減枠の方法

それでは、楽天カードを実際に減枠してみましょう。

楽天e-Naviにログインします。URLは https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi です。

楽天e-naviログイン

「ご利用明細」のタブにて、「ご利用可能額」に進みます。

ご利用可能額

「ご利用可能枠の変更」画面に来ました。ショッピングご利用可能枠は現在100万円になっています。下部に「ご利用可能枠の減枠」がありますので、そこをクリックします。

ご利用可能枠の変更

中段にご希望の減枠項目にチェックを入れ、希望ご利用可能枠を選択してください。と記載がありますので、ショッピング枠の減枠にチェックを入れます。

ショッピングご利用可能枠の減枠ので、希望下りよう可能枠をプルダウンメニューから選択します。
プルダウンから選択できるのは、70万円 50万円 30万円 10万円との4つです。

私は1ヶ月10万円の想定利用額としていたので、2か月分の20万円で十分ですので30万円を選択しました。

また、注意事項をよく読んで、減枠することにより、増枠が再審査の対象となること、審査の結果、増枠できないリスクがあることを理解します。

同意できる場合は、「確認画面へ」ボタンを押します。

ご利用可能枠の減枠

減枠したときの内容を確認して、「申し込む」ボタンを押します。

ご利用可能枠の減枠の確認

利用可能枠の減枠の申し込みは終了です。

ご利用可能枠の減枠の終了

念のため、利用可能枠が反映されているか確認します。

ご利用可能額の照会を選びます。

ご利用可能額の照会

中段に「会員様のご利用可能額について」がありますので、利用可能枠が30万円になっていることが確認できました。

ご利用可能額について

意外と、減枠も簡単にできました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。