JR東日本のSuicaを無料で発行したい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでつぶやいています

Twitterアカウント hit230 でサイトコンテンツの更新情報や過去にアップした記事をつぶやいています。

JR東日本が発行しているプリペイド式電子マネーSUICAは、電車、バス、買い物で使えるICカードです。もうすでに、お持ちの方も多いと思います。発行に2000円(デポジットとして500円、初期チャージとして1500円)が必要となります。

そこで、デポジットの500円を無駄にしたくないとか、複数枚のSuicaを持ちたいと考えた時に、デポジット500円を払うのはちょっとと考えたりします。そこで、無料でSuicaを持てないか調べてみました。

それは、ゆうちょ銀行のICキャッシュカード、「ゆうちょICキャッシュカードSuica」です。

i_tk_crd_emoney_suica

ゆうちょICキャッシュカードSuicaは全国で取り扱っていないのです。青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・山梨県・長野県・静岡県内のゆうちょ銀行および郵便局の貯金窓口で受け付けています。
SuicaはJR東日本で発行しているので、地域が限定されてしまうのは仕方がないことですね。

ICカードの新規発行および現在使っている時期キャッシュカードからICカードへの切り替えの申し込みは、これらの地域のゆうちょ銀行と郵便局の貯金窓口に通帳・印鑑・キャッシュカード・身分証明書を持参すれば無料で対応してもらえます。ただし、ICカードが発行されている場合は、再発行手数料として、1030円(税込)が必要となります。

もうすでに、ゆうちょ銀行に口座があり、すでにICカードが発行している場合は、有料になってしましますね。総合口座をお持ちの場合は、貯蓄口座を新たに作ってICキャッシュカードSuicaを発行するという方法があります。

Suica機能は、事前に駅の券売機などでチャージをする必要があります。ゆうちょ銀行の口座から自動的に引き落としではないので、注意が必要です。

たとえば、「ゆうちょ銀行をよく使い、電車はたまに乗るのでSuicaはほしい。でも、持ち歩くカードの枚数をとにかく減らしたい」なんて言う欲張りなかたには、ぴったりなカードではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。