福島県飯館村からふるさと納税の返礼品がとどきました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税

にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ

Twitterでつぶやいています

Twitterアカウント hit230 でサイトコンテンツの更新情報や過去にアップした記事をつぶやいています。

福島県相馬郡飯館村は、5年前の2011年(平成23年)3月11日に起きた東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故によって、避難生活を余儀なくされています。まだまだ支援は必要ですし、原発事故の復旧作業は昼夜を問わず続いています。

ふるさとチョイスのサイトには、飯館村のメッセージが掲載されており、村の特産品を用意できない悔しさがにじみ出ていて、本当に切なすぎて泣けてきます。一部をご紹介したいと思います。

—-引用開始—-

飯舘村は、豊かな自然に囲まれた美しい村でした。

村では飯舘流スローライフ”までいライフ”をスローガンに、手間ひまを惜しまず、じっくりと、丁寧に、心を込めて、村づくりを進めてきました。
しかし、平成23年3月11日の東京電力株式会社福島第一発電所の事故によって事態は一変しました。
村は放射能性物質に汚染されてしまい、村民は避難生活を強いられてしまいました。つらい生活でくやしい限りです。しかし、グチを言っても何ら解決する訳ではありません。
5年に垂んとする避難生活ゆえ、ブランドの飯舘牛を始め、あらゆる特産物などがつくれなくなりましたし、販売もできません。

故にわが村の「ふるさと納税」は出来ない、ではなく、ない故に、応援していただいている自治体や会社などの、心の込もった産品のみの協力をいただいて「飯舘村ならではのふるさと納税」を実施することにしました。
飯舘村は負けません。皆様のお力添えをいただいて、確たる復興を成し遂げたいと思います。

—-引用終了—-

個人として復興を支援したいと思い、今回は飯館村にふるさと納税をして、千本松牧場のアイスクリームを返礼品に選んでみました。なお、この寄付金は12,000円です。

千本松牧場は、栃木県那須塩原市にある牧場です。東北自動車道の西那須野塩原ICを出て、右に折れること5分くらいで到着します。子供たちを遊ばせたりさせるには好都合なこともあり、家族でなんどか訪れいています。

返礼品のアイスクリームは、「牧場直送のこだわりアイスクリーム詰め合わせ8セット」で、その内訳はバニラ110mlが2個、ロイヤルミルクティ、ミルクコーヒー、塩、チョコレート、ストロベリー、宇治抹茶・ミルクの各110mlをカップが1個ずつの合計9個が入っています。

image

ここ数日、暑い日が続いたので到着した途端、すぐに開封されていてしまい、バニラとチョコレートは写真に収まることなく、誰かの胃袋に収まってしまいました。最近は、こどもも宅配便が届くと、異口同音に「ふるさと納税?」と聞いてきます。
私は、塩を食べてみましたが、牧場で搾乳された牛乳から作ったアイスクリームですから、味も濃厚で本当においしくいただきました。
近くを通った際には、立ち寄って買って帰ろうか考えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。